数次相続が発生した場合、手続きはどうすればいいですか?

父が亡くなった後、すぐに兄が配偶者と子供を残して亡くなりました。父名義の不動産についてはまだ遺産分割が終了しておらず、父の名義のままです。兄が生きていれば、私と兄で相談して、名義をどうするか相談できたのですが、兄が亡くなってしまったので、どのように手続きを進めたらよいのか困っております。母はすでに亡くなっております。

『数次相続』となりますので、相談者と、兄の代わりとして兄の妻と子供が遺産分割協議をすることにより、父名義の不動産の名義変更をすることができます。子供が未成年の場合は特別代理人の選任が必要です。

父が亡くなった時点で相続権は兄に移り、兄が亡くなったことで、その相続権は兄の配偶者と子供に移転していますから、代襲相続の場合と異なり、兄の配偶者も相続人として遺産分割協議に参加する必要がでてきます。

相続登記には、相続税の申告と違い期限がありませんから、不動産が父名義のままになっているということはよくある話です。

「相続登記はしなければなりませんか?」という質問をされることがあります。

たしかに、相続登記をするには費用がかかりますが、基本的にはそこまで高額な費用がかかってしまうわけではありません。

相続登記をせずに放っておくと、上記のように、遺産分割協議に参加しなければならない相続人の数がどんどん増えて、権利関係が複雑になり、収拾がつかなくなってしまうケースもあります。

相続人に未成年が含まれている場合は、家庭裁判所に特別代理人の選任申立てを行わなければならないなど手続がどんどん手間になってしまいます。

数次相続が起こってしまう前に、速やかに相続登記をするか、複雑な権利関係が発生して相続人に揉めごとが起こってしまう前に、遺言書の作成や民事信託の活用により、誰に何を遺産相続させるか、遺産分割対策をすることをおすすめいたします。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分