亡くなった父の預金口座が凍結されました。どうすればいいですか?

先日、父が亡くなりました。父名義の預金があるのですが、父の死亡を金融機関に伝えたところ口座が凍結されてしまい預金を下ろすことができなくなりました。どうすれば預金をおろせますか?ちなみに遺言はありません。

遺言書がない場合は、相続人全員で遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成し提出しなければなりません。 添付書類として、相続関係を明らかにするため、被相続人の出世から死亡までの戸籍謄本と相続人の現在戸籍が必要となります。 また、相続人全員の実印と印鑑証明書が必要です。それら全てを金融機関に提出することによって、初めて預金の引き出しに応じてもらえます。

金融機関は、被相続人の死亡の事実が分かると、相続人が勝手に預金を下ろすことができないように預金口座を凍結します。相続人の1人から自分の法定相続分だけを引き出したいと金融機関に依頼しても、金融機関は応じてくれません。

しかし、葬儀費用のためにすぐに現金が必要な場合や、相続税の納税資金が必要なので10ヶ月の期限までに現金が必要という場合もあるはずです。

相続人の間でもめている間は、預金を引き出すことができず、預金は塩漬けになってしまいます。

このような困った事態に対応するには、とりあえず不動産や他の資産の遺産分割は先延ばしにして、一旦、預金についてのみ遺産分割する方法がありますが、相続人の間の不平等を調整することができる現預金を先に分割して使ってしまうと、分割が難しい不動産等の遺産分割協議でさらに揉めてしまう可能性もあります。

また、金融機関を相手取って、相続人の一人から法定相続分の引き出しについて裁判を起こす方法もありますが、時間と費用がかかります。

そのため、遺産相続時に、相続人が困った事態に陥らないように、生前に対策しておくことが重要です。たとえば、遺言を書いておくことによって、遺言を利用してスムーズに預金を下ろすことができますし、生命保険に入っておけば、死亡保険金はすぐに現金化されます。

生前対策に興味のある方は、お気軽にご相談ください。

遺産分割 解決事例Q&A

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分