疎遠だった父の相続を放棄したい

疎遠の父が亡くなったと連絡がありました。父はアパート暮らしだったようで、特に相続する資産はないようですが、未払いの医療費や水道光熱費があったようで、私に請求書が届きました。今後また何かしらの請求書が送られてくるかもしれません。どうすればよいでしょうか?

疎遠だった被相続人の生前の未払い金や税金の滞納の請求書が、被相続人の亡くなった数年後にいきなり相続人宛に送られてくるというご相談は相続放棄のご相談の中で最も典型的なものです。

相続人が葬儀にも参加していないケースや、葬儀には参加したけれども財産的なものが何もなく、遺産相続について特に何も手続をしていないケースが多いです。

このようなケースでも、請求書等が届いてから3ヶ月以内に相続放棄の手続きを速やかに家庭裁判所で行えば間に合います。

ただし、被相続人が死亡してから相当期間経過している場合は、なぜこの時期に相続放棄の手続をすることになったのか、家庭裁判所に説明する必要があります。そのため、届いた請求書や請求書が入っていた封筒を手元に保管しておいてください。

一度、家庭裁判所で相続放棄が受理されれば、裁判所から相続放棄受理証明書がもらえますから、それを請求先に提出することによって請求が止まります。今後、また何かしらの請求書が送られてきた場合も、同じ様に対応すれば問題ありません。

以上のように被相続人が亡くなって、しばらく時間がたっている場合でも、事情を説明すれば相続放棄の手続きができますので、同様のケースでお悩みの方は早めにご相談ください。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分