相続放棄をする際に注意点はありますか?

父の相続放棄をしようと考えています。一度、父の資産に手をつけると、相続放棄ができないと聞きました。初めてのことなので、その他に相続放棄に関して注意点があれば教えて欲しいです。

まず、『単純承認』といって、被相続人の資産の全部または一部を処分してしまうと、相続をしたことになってしまい、相続放棄ができなくなるので注意が必要です。

被相続人の資産を使ってしまった後に、借金だけは相続放棄しますというのは許されません。被相続人の資産の保存行為や身分相応の葬儀費用の支払いは問題がないとされていますが、資産の処分行為の線引きが難しいので注意が必要となります。

相続開始後3ヶ月の間に相続放棄をしなかった場合や、相続放棄をした後に相続財産を隠したり、背信的な行為をしたりした場合、単純承認したとみなされますので、これも注意が必要です。

次に、子と配偶者が相続放棄をすれば、それで全てが終わりというわけではありません。

相続権が父の直系尊属(祖父、祖母)、その次は、父の兄弟姉妹(兄弟姉妹が被相続人より先に亡くなっている場合は甥姪)と順番に移っていきますから、借金や税金の未払いがある場合に、債権者が戸籍をたどって、次の相続人に請求をおこなう可能性があります。

突然の連絡に驚いてしまうということも十分考えられますから、相続放棄をするのであれば、事前に事情を話しておいた方がよいでしょう。

また、一度、相続放棄をしてしまうと、原則として撤回ができなくなります。後から財産が見つかったのでやっぱり遺産相続したいとなった場合は、手遅れとなる可能性が高いので、相続放棄の手続きは慎重にする必要があります。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分