死後3ヶ月経過していますが、相続放棄はできますか?

父が亡くなり2年経った頃、債権回収会社から父の相続人である私宛に請求書が届きました。どうやら知人の事業資金の連帯保証人になっていたようです。父の死亡当時、父に相続財産は何もなく、父の残した書類などをすべて確認したはずですが借金をしている様子もなかったので、相続放棄の手続きはしていませんでした。相続放棄ができるのは被相続人の死亡後3か月以内と聞きましたが、既に2年経過しています。相続放棄はできるのでしょうか?

相続放棄は、”自己のために相続の開始があったことを知った時”から3ヶ月以内にしなければなりませんので、被相続人が亡くなった時から3ヶ月以内に相続放棄しなければならないと一般的には思われていますが、正確には”被相続人の死亡及び自分が相続人であることを知った時”から3ヶ月以内となります。

例えば、被相続人の葬儀に参加し、特に相続財産が何も見当たらなかったため、遺産相続について手続は何もしていなかったけど、ある日突然、借金があることを知ってしまったという場合、”借金があることが発覚した時”から3ヶ月以内に相続放棄の手続きをすれば間に合います。

相談事例では、請求書が初めて相続人に届いた時に父に借金があることを知ったのですから、この時点から起算すればよいことになります。

よって、請求書を受け取ってから3か月以内に、家庭裁判所に対し、相続放棄申述書を提出すれば受理される確率は高いです。ただし、父親の死亡の日から2年後に相続放棄をすることになってしまった理由は書面で説明しなければなりません。

ある日、急に亡くなった方の請求書が手元に届いてどうしたらよいか分からないという方は、お気軽にご相談ください。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分