相続放棄をしても生命保険金を受け取ることはできますか?

会社を経営していた父が会社の負債を残したまま亡くなりました。父の会社のことについては何も知らないので相続放棄を検討していますが、父の生命保険金の受取人は私になっています。相続放棄をしても生命保険金を受け取ることはできますか?

生命保険金は、保険契約で受取人に相続人が指定されている場合は、死亡保険金は、その相続人の固有の財産となるため、受取人である相続人が相続放棄をしたとしても、死亡保険金を受け取ることができます。

相続放棄をすると、被相続人の借金を相続しなくてもよくなりますが、資産も相続することができなくなります。

では、死亡保険金は一体誰の資産になるのでしょうか?

被相続人が亡くなったことにより発生する財産ですから、通常は被相続人の財産と考える人が多いと思います。相続放棄をしても死亡保険金は受けとれるのですか?という質問が多いのはこのためです。

しかし、死亡保険金は被相続人の財産ではなく、受取人の財産となります。

受取人に相続人が指定されている場合は、その相続人が相続放棄をしたとしても死亡保険金は自分の財産として受け取ることが可能です。

受取人の指定がない保険や、受取人が被相続人自身となっている保険契約もあるようですが、そのような保険は数が少ないようです。

相続放棄を検討している方は、保険の約款を確認するか、約款が細かくて読んでもよく分からないという方は保険会社に連絡して確認をとるのも一つの方法です。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分