相続税の配偶者控除はどのようなものですか?

配偶者は1億6000円まで相続税がかからないと聞きました。そこまで非課税枠があれば、私の資産内容であればまったく問題ないと考えています。相続人は配偶者と子2名の計3名となる予定ですが、配偶者に全て相続させる場合、相続税の申告も必要ないのでしょうか?他にこの制度を利用するにあたり注意点はありますか?

配偶者の税額軽減を受けるためには、相続税の申告をする必要があります。また、この制度を利用する場合には、次に配偶者が亡くなった時の二次相続まで考慮しておかないと二次相続で多額の相続税が発生するおそれがあるため注意が必要です。

配偶者の相続税については、同一世代間の財産移転であることや、配偶者の老後の生活保障を考慮して大幅な軽減措置がとられています。

配偶者が実際に取得した遺産の額が、1億6000万円または配偶者の法定相続分相当額のいずれか多い金額まで相続税がかかりません。

配偶者が相続する一次相続の場合に、この制度を最大限に利用することにより相続税の節税をすることはできますが、次に配偶者の相続が開始した場合の二次相続において、相続人である子供達に多額の相続税がかかるおそれがあります。

そこで、一次相続の開始前に、二次相続までしっかり考慮して遺産分割の方法を考えることが重要になります。しかし、相続税の計算は複雑ですし、事案によっては、他の節税制度と併用するケースもあるため、専門家である税理士に相談し、二次相続まで通算した節税対策をすることをお勧めいたします。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分