公正証書遺言をつくるべきでしょうか?

私が亡くなった後に子供たちが揉めないように遺言を作ろうと考えています。あまり費用と時間をかけたくないので、自筆証書遺言を作成しようと考えていますが、やはり公正証書遺言を作成しておいたほうがよいのでしょうか?アドバイスをお願いします。

遺言は最後の意思を残す大事なものですから、多少手続費用がかかったとしても『公正証書遺言』を作成することをお勧めいたします。

『自筆証書遺言』は、紙とペンと印鑑さえあれば、費用をかけずに自分で作成できますから、それが最大のメリットです。

しかし、法律についての基礎知識がないと、法律の要件を満たしていなかったり、記載内容があいまいなため、遺言自体が無効になってしまっては全く意味がありません。仮に有効であったとしても、記載内容があいまいでは、相続人間で内容について争いごとに発展する可能性もあります。

また、保管は自分で行うため紛失のリスクも避けられません。遺言が発見されなければ遺言を作成した意味がありません。さらに、自筆証書遺言は、発見された後、速やかに家庭裁判所で検認手続を受けなければなりませんので、相続人にとっては手続がやや面倒です。

一方、公正証書遺言は、遺言作成のプロである公証人が遺言の内容についてチェックしてくれますので、後日無効となることはほぼありません。しっかりした公正証書で遺言が残っていれば、相続人も納得するではないでしょうか。

また、原本は公証役場に保管されることから紛失のリスクもありません。公正証書遺言は、家庭裁判所での検認手続も不要なため、すぐに相続手続が始められますから、手続面でも相続人にとっては公正証書遺言のほうがありがたいでしょう。

以上のように、遺言としては公正証書遺言のほうが優れているため、多少の時間と費用はかかりますが、遺言は公正証書遺言で作成すべきでしょう。

もし、自筆証書遺言の有効性について相続人間でもめごとに発展してしまったら、紛争が解決するまでに多大な時間と費用と労力がかかります。それに比べれば、公正証書遺言の作成に要する時間と費用は安いものです。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分