暦年課税制度とは

暦年課税制度とは?

一年間の贈与財産が基礎控除額110万円を超えた部分に対して税率をかけて贈与税額を算出します。

暦年課税制度は比較的分割可能な財産が多数存在する場合に有効に使えます。

毎年、基礎控除額の110万円を控除し続けることができます。

一方、不動産のように評価が高額で一つの単位にまとまっているような財産を、毎年細かく分割し贈与するといった贈与契約は、もともと財産の全体を贈与する意図があるとして否認されるケースがあります。

【贈与税(暦年課税)の計算式】
贈与の評価額 - 基礎控除額(110万円)= 課税価額
 課税価額 × 税率 - 控除額 =贈与税額

【贈与税の算出表】

基礎控除後の課税価格 税率 税金控除額
200万円以下 10% なし
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1000万円以下 40% 125万円
1500万円以下 45% 175万円
3000万円以下 50% 250万円
3000万円超 55% 400万円
【例】贈与財産の価額の合計が400万円の場合

 400万円 - 110万円 = 290万円
 290万円 × 15% - 10万円 = 33.5万円

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分