相続と養子縁組

養子縁組とは?

養子縁組とは、本来あるべき自然の親子関係をなくし、親子関係にない者との間に新たな法律上の親子関係を作り出す制度の事です。

昔は、家業の承継や家督相続、時には雇用契約的な意味合いで使われるなど、養子制度は様々な目的のために広く利用されていました。

現在では養子縁組がされることは昔より減っていると思われますが、今でも養子制度は相続制度と複雑に絡み合っています。

養子に相続権はあるの?元親との関係は?

養子になると、その子は縁組の日から養親の嫡出子としての身分を取得します(民法809条)。

よって、養子も遺産相続することができるようになり、その法定相続分も実子と同じということになります。

子連れの方と再婚した場合、連れ子の方との関係では相続権はありませんので、養子縁組を行い、相続権を発生させるといった手続きをさせる方が多くいらっしゃいます。

ちなみに、養子には「普通養子」と「特別養子」の2種類あります。

普通養子縁組の場合、実親との親子関係も断ち切ったわけではないので、養親が亡くなった場合の相続権だけでなく、実親が亡くなった場合にも相続権が発生します。

一方、特別養子とは実親との親子関係を消滅させる制度なので、特別養子と実親との間に相続は起こりません。

養子と代襲相続

代襲相続とは、相続人が相続開始以前に死亡、相続欠格、廃除によって相続権を失ったときに、相続人の子(親が相続人の場合その親)が相続人に代わって相続するという制度です。

これが養子の場合のも適用されるのかというと、少し複雑なお話になりますが2つのパターンに分けられます。

1.養子の子が養子縁組後に生まれた子であった場合

 この場合、被相続人から見れば養子の子は「嫡出子の子」となりますので代襲相続が発生します。

2.養子の子が養子縁組前に生まれていた場合

 この場合、前述しましたが、養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得します。

つまり、縁組前に生まれている養子の子と被相続人の間には親族関係は発生しません。

なので、代襲相続も起こりえないということになります(※)

※平成元年8月10日大阪高裁判決の様に、一定の条件下にあった場合、養子縁組前の養子の子について代襲相続を認めた事例もございます。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分