換価分割とは

換価分割とは?

遺産分割の方法で換価分割という方法があります。

なかなか聞きなれない言葉かと思いますが、不動産や土地などの現物として残された相続財産をお金に「換金」し、その「価値」に応じて、相続人の間で分割する方法のことで、税負担を軽減する効果を大きくするメリットがある遺産分割の方法です。

換価分割のメリット・デメリット
換価分割が選択されるケースが多い時は主に

・相続財産の中に、相続人の全員が取得を希望しない財産がある場合

・代償分割を行いたいが、代償金の支払いが難しい場合

例えば、相続財産のなかに不動産があるが誰も継承を望まないような場合によく使われます。

換価分割のメリット

・財産を現金化するため相続人同士明確な遺産分割ができ、トラブルになりにくい

・現金化する際にかかる手数料が省け節税対策になる

現金化するため、公平に分配する事が容易になったり、

相続税納税資金を捻出する場合などに換価分割は効力を発揮します。

換価分割のデメリット

・不動産や株式等を手放さなければならない。

・売却に際して処分の手間や費用がかかる

・希望通りの売却ができない可能性がある

売却時期・売却価格・仲介手数料などの費用負担については、相続人全員の合意が必要となり手間もかかりますし、自分たちの希望した価格で売却できない場合もあるというデメリットもあります。

また、人に貸している等の事情がある場合、そもそもなかなか売却が出来ないということもあります。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分