遺産分割のやり直し

できるの!?できないの!?遺産分割のやり直し

遺産分割をしたあとで、思わぬ事情により遺産分割をやり直したいと思う事こともあるかもしれません。

一度成立した遺産分割をやり直すことはできるのでしょうか?

遺産分割の協議が成立した場合には、基本的にやり直すことはできません。

とはいえ、遺産分割といえども法律行為なので、無効となったり、取り消されるということがあります。その場合には、遺産分割をやり直すことが可能です。

もっとも、あまりに簡単に遺産分割の無効や取消しが認められると、法的な安定性を害することになります。

したがって、遺産分割が無効・取消しされる場合は非常に限定されていて、以下の場合があげられます。

・相続人以外の者を加えて成立した遺産分割協議

・一部の相続人が参加せずに成立した遺産分割協議

・民法上の法律行為・意思表示の無効・取消事由がある場合

また、遺産分割協議は、無効・取消事由が無い場合であっても、協議を解除して、遺産分割をやり直すことができる場合があります。

法律行為の解除には、債務不履行解除(法定解除)と当事者の合意による合意解除があります。

遺産分割協議の場合には、債務不履行解除は認められませんが、相続人全員の合意によって協議を解除することは可能であるとされています。

また、遺産分割の調停・審判後の再協議についても、無効・取消事由がある場合や、相続人全員の解除の合意がある場合などには、やり直しをすることが可能です。無効・取消事由が無い場合であっても、共同相続人・利害関係人の全員が合意するのであれば、その合意を妨げる理由はないはずです。

したがって、遺産分割協議の解除の場合だけでなく、遺産分割調停・審判が成立した後に、相続人や利害関係人全員で、調停・審判と異なる内容の合意をして遺産分割をすることは許されると考えるべきでしょう。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分