相続放棄とは

相続人の3つの選択肢 ~早急かつ慎重に検討しましょう!~

相続人には相続財産について3つの選択肢があります。

一般的には相続放棄か単純承認がとられることが多いです。

下記がそれぞれの内容の一覧です。

相続放棄

被相続人の権利・義務を一切受け継がない。
資産も借金も一切相続しないということ。

単純承認

被相続人の権利・義務をすべて受け継ぐ。
資産も借金もすべて相続するということ。

限定承認

被相続人の財産や借金がどの程度あるか不明であり、財産が残る可能性がある場合、相続人が相続によって得た財産の限度で被相続人の債務の負担を受け継ぐ。

相続放棄とは ~借金は引き継がない

相続とは、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産もすべて引き継ぐことです.

あなたが相続人であって、相続する権利があるとしても、必ずしも相続しなければならないわけではありません。

相続放棄とは、文字通り「相続する権利を放棄すること」です。

プラスの財産が多いことが明らかであれば、ほとんどの方が相続するでしょうが、財産はプラスのものだけとは限りません。

「父が亡くなった後に、銀行や貸金業者から請求書が自宅に届き、自宅の価値よりも借金の方が多い...」といったケースもあります。

別々に生活していたため、プラスの財産とマイナスの財産、どちらが大きいのかがすぐにはっきりしないケースもあります。

そこで、マイナスの財産(借金)を相続したくない人の為に用意されているのが「相続放棄」という手続きで、家庭裁判所を通して手続きを行います。

相続放棄のメリットとデメリット

▶メリット

①借金を負わなくてよい
被相続人の借金を引き継がなくてすむのが最大のメリットとなります。

②遺産を分散させないですむ
遺産を特定の相続人に引き継がせたい時は、他の相続人が相続を辞退する手続きとして活用できます。

③相続人が単独でできる
他の相続人の同意はいりません。各相続人が単独で手続きできます。

相続人間で仲が悪く、他の相続人と関わりたくない場合に有効です。

▶デメリット

マイナスの財産(借金)を負わなくてよいのがメリットだとすると、プラスの財産を引き継げなくなるのがデメリットになりますが、これは仕方ありません。

相続放棄の注意点

①相続があったことを知ってから3か月を過ぎると自動的に単純承認となり、相続放棄できなくなります。

相続放棄には期限があるので要注意です。

相続があったことを知った時から3か月以内に管轄の家庭裁判所に申し立てをしましょう!

②相続財産の一部でも処分してしまうと自動的に単純承認となり、相続放棄できなくなります。

相続放棄をしようと思っている場合は、相続人の財産に手を付けないように注意をする必要があります。

法定単純承認に該当すれば、相続放棄できなくなりますのでご注意ください。

③相続人が相続放棄をすると、次の順位の相続人に権利義務が移ります。

例えば、被相続人の子(第1順位)が相続放棄した場合、次の順位にいる被相続人の親(第2順位)に自動的に権利義務が移ってしまいます。

さらに、その第二順位の相続人も全員相続放棄をした場合は、次の順位にいる被相続人の兄弟姉妹(第3順位)に権利義務が移ってしまいます。

そのため、自分が相続放棄する際には次の順位の相続人へ連絡してあげたほうが良いかもしれません。

「遺産を何ももらわない」のと、「相続放棄」は違う!

相続放棄をした場合、遺産は何ももらわないわけですから、それならば遺産分割協議で何ももらわなければ、わざわざ相続放棄する必要はないのではないかと考えられる方がいらっしゃいます。

しかし、「遺産を何ももらわないこと」と「相続放棄」は全く違います。

家庭裁判所で相続放棄手続きをしなければ、借金は相続することになってしまいます。

遺産分割協議で何ももらわないというだけでは、借金を相続することになりますので注意が必要です。

相続放棄のご相談は当センターまでお気軽にご相談ください。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分