任意後見の手続の流れ

任意後見の手続きの流れになります。

1.ご相談・お見積・ご依頼

任意後見契約書の原案の作成
ご希望を伺いながら、任意後見契約書の原案を作成します。

1.公証人との打ち合わせ

STEP2で作成した任意後見契約書の原案について、司法書士と公証人が内容に関し、法的に問題や不備がないかなど打ち合わせを行います。

1.公証人と日程調整

公証役場に出向く日程調整します。出張後希望の方は出張の日程を調整します。

1.任意後見契約書の調印

ご本人と後見人の予定者が公証役場に出向き、任意後見契約書に調印をします。これで手続完了です。司法書士が公証役場まで同伴いたします。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分