祭祀承継者とは

祭祀承継者とは

先祖を祭る為の道具である祭具や墳墓、系譜などが被相続人の財産にある場合、これらの物は、遺産相続の際に、他の相続財産とは別に承継者を決めることになっています。

「祭具」とは、仏像や位牌、仏壇や神棚など礼拝や祭祀を行うのに必要な一切の物とされています。

「墳墓」とは、皆さんがイメージしやすいものだとお墓ということになりますが、そのお墓の所在する土地の使用権や所有権等も含まれます。

どうやって決める?祭祀承継者

祭祀継承者は定め方は民法897条に定めれられています。

民法第897条

系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。
前項本文の場合において慣習が明らかでないときは、同項の権利を承継すべき者は、家庭裁判所が定める。

つまり、

① 被相続人の指定の者

② 慣習に従って決める

③ 家庭裁判所が定める

という順で定めるとうことです。

勿論、指定がなければ相続人間で話し合いをして定める事も許されています。

ちなみに、祭祀承継者に指定された場合、放棄や承認などの規定がない為、辞退や放棄は出来ないとされていますが、祭祀を行う義務が発生するわけでもありません。

また、祭祀承継者になったからといって遺産分割で有利に働くと言うこともありません。

祭具の相続税は!?

祭具については、祖先を祭るということから国民感情に配慮し相続税の対象となっていません。

(また、祭祀は宗教と切り離せないことが多いので、日本国憲法で定められた

宗教の自由を害さないようにという配慮もあるようです。)

しかし、それを抜け穴として高価な仏壇を買って脱税等をさせない為、

投資の対象として買ったような物は相続税の対象とされています。

あまり立派な金ピカの仏壇を持っていると税務局がやってくるかもしれません・・・。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分