胎児の相続


胎児の相続について

相続が発生した時に妻のお腹には小さな命が・・・。

こんな時「これからこの子を育てていけるかしら・・」という事は考えても

「この子に相続権はあるのかしら・・・」と考える方はまずいないと思います。

では、この胎児には相続権はあるのでしょうか?

まず、相続をするには、法律的な話で少し難しいですが、権利能力が無くてはなりません。そして民法上、権利能力の発生時期は以下のようになっています。

第3条

 1.私権の享有は、出生に始まる。

つまり、原則として、まだ生まれていない胎児に権利能力は認められていません。

これで解決です!とはいきません。民法には以下の様な条文もあるからです。

第886条

 1.胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。

 2.前項の規定は、胎児が死体で生まれたときは、適用しない。

なんと、相続については、既に生まれたものとみなすというのです。

「生まれている=権利能力がある」ということですから、結論としては胎児には相続権があるということになります。

ただし、残念ながら胎児が無事に生まれない場合もあります。

そうなった場合、胎児は初めからいなかったものとなり、第二順位の相続人たちに相続権が移ることになります。

ここで注意しなければならないのは、胎児は遺産分割ができません。

「胎児が喋れるわけないんだから当然だろ」という事ではありません。

本来、胎児はまだ生まれていません。無事生まれてきたときに相続時に遡って

生まれていたとみなされるのです。

つまり、未成年者の遺産分割のように特別代理人を選任しても,まだ生まれていない胎児の代わりに遺産分割はできないのです。

無事生まれた後に、特別代理人を立てて遺産分割する事になります。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分