相続税のかかる財産

相続税の課税財産とは

株式、公債、社債、証券投資信託相続税は、相続又は遺贈等によって取得したすべての財産について課税されます。そして、ここでいう財産とは一般的に、“金銭に見積もることができる経済的な価値があるものすべて”が含まれます。したがって、有形・無形は問わず、現金、預貯金、有価証券、土地、建物、骨董品などのほか、貸付金などの債権なども含まれますし、著作権・営業権など経済的な価値が認められているものは「本来の相続財産」として課税の対象となります。

また、本来の相続財産の他にも、被相続人が生前加入していた生命保険や死亡退職金にも相続税が課税される場合があります。これを「みなし相続財産」といいます。相続税の申告の際は、いかに漏れなく相続財産を申告できるかが重要です。

以下、「本来の相続財産」の一例です。

財産の種類 財産の細目
土地 宅地、農地、山林、原野等
家屋 家屋、構築物
事業用財産 機械装置、商品、製品、売掛金、貸付金、その他の財産
有価証券 株式、公債、社債、証券投資信託
現預金 現金、普通預金、当座預金、定期預金、郵便貯金等
家庭用財産 家具、宝石、骨董品
その他 立竹木、ゴルフ会員権

以下、「みなし相続財産」の一例です。

財産の種類 財産の細目
相続税法上の財産 生命保険金等
退職手当金等
生命保険契約に関する権利
定期金に関する権利
その他のみなし相続財産

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分