相続税のかからない財産とは

相続税のかからない財産とは?

相続税は、原則として、相続又は遺贈等により取得した財産で、金銭的に見積もりができる経済的価値のあるものすべてを課税対象としています。しかし、これらの財産のうち、その財産の性質、社会政策的な見地、国民感情や公益性からみて相続税の課税の対象とすることが適当でない財産を課税の対象から外しています。

このような財産を「非課税財産」といい、以下のようなものがあります。

①祭祀財産
②公営法人等が取得した財産
③心身障害者共済制度に基づく共済金の受給権
④生命保険金のうちの一定金額
⑤死亡退職金のうちの一定金額
⑥国等に寄付した相続財産
⑦勤務先から支払われる弔慰金等
⑧交通事故などの損害賠償金
⑨特別法上の弔慰金等

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分