相続税の基礎控除とは

基礎控除額とは

相続税の基礎控除額は、相続税の課税の最低限を定めたものです。各人の相続人等の課税価格の合計額から次の算式により計算した基礎控除額を控除して課税するべき遺産の総額を計算します。

 基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の数

この大きな基礎控除額があるために、遺産相続で相続税の対象となる人は全体の5%程度とされています。

法定相続人の数および法定相続分

相続人が「相続放棄」を行うことによる租税回避行為を防止するため、相続税の計算の段階にあっては、実際の相続人または相続分ではなく、法定相続人の数または法定相続分により計算します。

法定相続人または法定相続分とは、民法に規定する相続人または相続分をいいますが、相続税を算定するにあたっての「法定相続人」とは、相続放棄があった場合においても相続放棄がなかったものとして相続人及び相続分を判定します。

この「法定相続人」を相続税の額を計算するにあたり使用する場面は

①生命保険金等の非課税金額の計算
②退職手当金等の非課税金額の計算
③遺産に係る基礎控除額の計算
④相続税の総額の計算
⑤配偶者の税額軽減の特例

となります。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分