遺留分の放棄とは

遺留分とは?

遺留分とは、遺言等によって相続財産が法定分より少なかった相続人に対し、一定の範囲で最低限の相続分を認めましょうという制度です。

これは、残された相続人が被相続人の財産を生活の糧に期待してることも多く、その期待権を保護する為に作られました。

遺留分を持つ相続人は「配偶者」「直系卑属」「直系尊属」に限られ「兄弟姉妹」には遺留分はありません。

(詳しくは、「遺留分とは」をご参照下さい)

遺留分は放棄できる?手続きはどうする?

遺留分も相続放棄のように放棄する事ができます。

そして、相続放棄と一番の相違点として「相続開始前」でも放棄が出来るということがあげられます。

手続きに関しては、相続開始前と開始後では少々違ってまいります。

・相続開始前の放棄

相続開始前の放棄については家庭裁判所の許可が必要になってきます。

これは、純粋な財産権である遺留分の放棄を無制約に認めると、被相続人の強権などで本人の意図しない放棄を強要される恐れがあることから、裁判所の許可がある場合のみする事ができるとしました。

・相続開始後の放棄

相続開始後の放棄については、相続開始前と違い、被相続人の強要という事は考えられません。

よって、家庭裁判所の許可なしに自由に放棄する事ができます。

遺留分放棄の効果は?

遺留分を放棄したとしても、相続人である事には変わりはありません。

よって、遺産相続することも可能です。遺産分割協議に参加することも出来ますし、相続放棄等をしなければ、負債だけを受継ぐという事態が起こる可能性もあります。

また、遺留分を生前に放棄した者に代襲相続が起こった場合、代襲相続人は遺留分の無い相続権を代襲することになります。

遺留分の放棄を利用する場面は、1人の相続人に全てを継がせたい場合が殆どですので、遺留分放棄と遺言書は通常セットで考えられます。

遺留分を放棄させたのに、遺言がなければ遺産分割をしなくてはならなくなり二度手間です。

遺留分の放棄と遺言の作成は同時にご相談されることをお勧めいたします。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分