相続の承認とは

単純承認とは

相続人が単純承認したときは、被相続人のプラスの財産もマイナスの財産もを全て引き継ぐことになります。

単純承認をするために特別な手続きは必要なく、相続があったことを知った時から3か月経過すれば自動的に単純承認(相続)したことになります。

被相続人が借金など負債を残している場合は注意が必要です。

一度、単純承認(相続)してしまうと、借金を引き継ぐことになってしまい相続放棄するとができなくなります。

法定単純承認とは(民法第921条)

以下の法律に定めれれている行為をした場合は単純承認したことになります。

▶相続人が相続財産の全部または一部を処分したとき。

▶相続人が相続があったことを知ったときから3か月間、限定承認も相続放棄もしなかったとき。

▶相続人が限定承認または相続放棄した後でも、相続財産の全部もしくは一部を隠匿し、消費し、または悪意でこれを財産目録中に記載しなかったとき。

限定承認とは

被相続人の遺産がプラスなのかマイナスなのか、はっきりしない場合に、中間的な選択肢として「限定承認」という手続きが用意されています。

限定承認とは、相続財産がプラスになった場合に限り相続し、マイナスになった場合は放棄するという便利な制度ですが、限定承認をするには相続人全員の同意が必要で、相続人全員が限定承認しなければなりません。

相続人の中に一人でも単純承認する人がいると、限定承認はできなくなります。

手続きとしては、相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に手続きをする必要があります。

財産目録を作り、限定承認する旨を家庭裁判所に申述し、受理されて5日以内に債権者や受遺者に限定承認したことを公告しなければなりません。

このように複雑な手続きが必要なため、実際にはあまり利用されることはありません。

関連する記事

目的に応じてお選びください

目的別プラン

アクセス

東京新宿相続相談センター
第一オフィス

〒160-0022
東京都新宿区新宿三丁目2番1号 京王新宿321ビル
「新宿三丁目駅」C5番出口からすぐ
「JR新宿駅」東口徒歩7分